夜勤バイト定番のファミレス、コンビニ、梱包、仕分け、閉店後清掃など

頻繁に更新される短期単発バイト情報を見逃すな 夜勤短期単発バイト情報はコチラ

夜勤バイト=深夜営業とは限らない

夜勤バイトと言えば、居酒屋・コンビニ。
こういったところを真っ先に挙げるでしょう。 しかし、24時間営業は他にもあり、求人も募っています。
例えば、警備員やホテルの夜間バイト。 共通点は、夜間の方が時給が高い。 そして、夜間の方が仕事が楽。
夜間ですと、対応するお客さんの数も少ないので、自然とそうなります。 待機しているのが仕事とも言えるかも。 介護スタッフや看護師の夜勤バイトも、このケースが当てはまりますね。
逆に、夜間でも昼間と変わらないくらい忙しい仕事が有ります。
代表的なのは、製造・梱包・仕分けの夜間バイト。 言わば、人ではなく物が相手な仕事です。 同様に、配達や配送の夜勤バイトもあります。 物流は経済の要ですから、決して途切れません。 途切れない物が相手な分、時間によって暇になる事は先ず無く、 常に一定の仕事量を要求されます。
ただ昼間と夜間では、仕事量はほぼ同じですが、 時給の方は、やはり夜間の方が高いです。 接客は苦手と言う人なら、こちらの方が向いているかもしれません。
また、決して24時間営業ではない店であっても、夜勤バイトは募集しています。
例えば、大型電気店などの量販店の夜間バイト。
基本的に閉店がある店では、清掃や売り上げの集計をする閉店作業が付き物。 閉店時間が夜の9時や10時なら、その後も従業員は働かなければなりません。 その為にも人員も必要なのです。
夜遅くまで営業しているパチンコやゲーセンでも、夜勤バイトは必須。
当然、面倒な閉店作業だけではなく、 夜間バイトはレジやホールスタッフとして、接客にも従事しますが、 閉店間際まで、お客さんが詰め掛ける事は先ず無いので、 接客自体は楽でしょう。
さて、夜勤バイトの共通点として、昼間に比べ時給が良いのが挙がりますが、 その中でもトップクラスなのが、家庭教師や塾講師の夜間バイトです。
大抵、仕事の開始は、学校が終わって一息ついた学生さんに合わせるので、 午後5時辺りになります。
1時間で終わるときもあれば、休憩や食事を挟んで行う場合もあるので、 帰宅時間は結構遅いです。
特徴として、8時間フルタイムで働く事ななく、短ければ1時間で終わる仕事で、 そのくせ、時給は他に比べ高めに設定されています。
非常に効率の良い仕事ですが、やはり学歴重視の仕事です。 人に誇れる学歴を持ち合わせているなら、やってみてはいかがでしょうか。
お問い合わせ link
TOPPAGE  TOP